人事・賃金制度見直しと職務給・役割給の考え方、設計方法

~同一労働同一賃金問題への対応、多様な働き方の実現に重要な人事・賃金制度の見直し~

企業の人事・賃金制度は今、環境変化や将来的な視点から、見直しの時期を迎えております。

特に労働力人口の減少に伴う高年齢者や女性も活躍できる働き方の実現や、政府が推進する働き方改革や同一労働同一賃金をめぐる問題は、企業に差し迫る重要課題であり、それらへの対応には混乱も予想されます。

そのような中、従来の日本型の仕組み(勤続年数や年齢で一律に毎年自動的に昇給する制度、年功賃金等)から、時代に合った合理的で従業員の納得度の高い仕組み(職務・職責、役割・貢献度等をベースにした制度)へと抜本的に見直していくような対応が急がれております。

そこで本セミナーでは経営コンサルタントとして独自の役割等級人事制度の構築・導入方法で多くの企業の経営革新を支援してきた西村氏を講師にお招きし、今後の人事・賃金制度を考える上でおさえておきたい知識等をふまえて、制度の見直しと職務給・役割給の考え方、制度の設計方法等、演習も交えて、具体的に解説いただきます。

人事部門の方をはじめ関連のご担当者様はこの機会をぜひご利用ください。

※コンサルタント業専門者の方のご参加はご遠慮ください。なお社労士(コンサルタント兼業)の方はご参加くださいませ。

セミナー内容

1.人事・賃金制度の見直しの必要性について
・政府による働き方改革の推進、同一労働同一賃金ガイドライン(案)と影響
・有期労働契約の無期転換制度への対応、多様な正社員制度への対応
・これからの時代に適応した人事・賃金制度とは

2.職務給・役割給の考え方と設計・運用方法
・これまでの日本的人事制度の問題点とこれから想定される混乱
・役割(職務)等級制度の構造を理解する
・合理的根拠となる基準書を如何に作成し、評価するか
・賃金の本質の理解と職務給・役割給の考え方と設計と運用方法
・これからの賞与・退職金の設計と運用
<演習>
・職務・役割等級制度の理解のための、職務評価(点数法)演習
・賃金設計演習

3.導入・移行時の諸問題と対応
・事例に学ぶ多様な働き方と人事賃金の運用
・制度移行時の留意点

注意事項等

※会場内での録音、配布した資料の複製・頒布は禁止させていただきます。
※参加費は、下記口座に開催日2日前までにお振込みください。お振込み手数料はお客様にてご負担ください。
※セミナー当日の現金でのお支払いはできません。ご了承ください。
※お振込み後のキャンセルは、開催日2日前までにご連絡ください。それ以降のご欠席の場合、関係資料をご送付し、受講料は申し受けます。

りそな銀行常盤台支店(店番号761)普通 4557077
口座名:株式会社労働新聞社
ふりがな:カ)ロウドウシンブンシャ

セミナープログラム

開催日時
2017年3月13日(月)10:00~16:30(受付9:30~)
会場

【飯田橋】㈱TKC東京本社  2階 研修室
東京都新宿区揚場町2-1 軽子坂MNビル2F

※東京メトロ有楽町線/東西線/南北線、都営地下鉄大江戸線「飯田橋駅(B4b出口)」よりすぐ
※JR飯田橋駅より徒歩5分

参加費用

「労働新聞」「安全スタッフ」「労経ファイル」読者様は、
通常27,000円(税抜25,000円)のところ、21,600円(税抜20,000円)となります。
(1名様についての料金です)

オンライン・オンデマンドセミナー受講の場合は、通常価格となりますので、ご注意ください。

定員
お問い合わせ先

労働新聞社(担当:伊藤)
〒173-0022
東京都板橋区仲町29番9号
【TEL】03-5926-6888
【FAX】03-3956-1611
【E-mail】seminar@rodo.co.jp

講師プロフィール

西村 聡 氏(株式会社メディン 代表経営コンサルタント)

(公財)関西生産性本部主任経営コンサルタントとして活動後、独立。
近畿大学、大阪商業大学非常勤講師。経済学修士。
ビジネスプロセスの改革を行なう独自の役割等級人事制度の構築・導入手法でこれまで多くの企業の経営革新を支援。また、企業だけでなく労働組合役員経験を踏まえ、労働組合幹部研修も多数実施。

著書

「役割等級人事制度のための賃金設計実務講義」
「多様な働き方を実現するための役割等級人事制度(共著)」ほか多数。

ページトップ