労働審判申立代理人の事情(福岡会場)

平成26年度 第6回定期購読者無料セミナー

~「労働側」弁護士が教える企業の労務管理のポイント~

近年、労働組合の組織率低下とあいまって「個別」労使紛争が頻発しています。円満に退職してもらったと思っていた元社員の方が提訴し、解雇無効や残業代請求の訴状(労働審判の申立書)が届き、初めて驚く経営者が全国各地にいることと思われます。

今回は、その原告(申立人)の代理人として活動されている光永弁護士に登壇いただき、労働審判の現状や、裁判所で企業が責められるポイントをお話しいただきます。

「ブラック企業」という言葉が一般化した今、法廷で光永先生と対面してしまうことのないように参考にしていただき、快適職場を作る一助となれば幸いです。

【セミナー内容】
(受付 13:00~13:30)
第一部(13:30~14:40)福岡における労働審判の運用状況
第二部(14:50~16:00)残業代請求事件で会社側が敗訴する理由~申立代理人の立場から~
質疑応答(~16:30)

※進行によって、時間がずれる可能性もあります

※会場内での録音、配布した資料の複製・頒布は禁止させていただきます。

セミナープログラム

開催日時
2014年9月30日(火)13:30~16:30(受付開始13:00)
会場

都久志会館 4階 401会議室
TEL:092-741-3335
福岡市中央区天神4-8-10
※地下鉄天神駅から 徒歩8分
※西鉄福岡駅・バスセンターから 徒歩10分

参加費用

「労働新聞」「安全スタッフ」「労経ファイル」読者様 1紙・誌につき2名様まで無料
読者の方で3名以上のご参加および一般の方は、1名につき16,200円(税込)です。

定員

120名(定員になり次第、締め切らせていただきます)

お問い合わせ先

労働新聞社 福岡総局(担当:岸田、大場)
〒812-0013
福岡市博多区博多駅東2-9-5 池松ビル
【TEL】092-411-3165
【FAX】092-411-3187
【WEB】https://www.rodo.co.jp/
【E-mail】fukuoka@rodo.co.jp

講師プロフィール

光永法律事務所 弁護士 光永 享央(みつなが たかひろ) 氏

1978年生まれ
1996年 熊本県立熊本高校卒業
2000年 一橋大学社会学部卒業
2002年 某教育関連企業を退職し、司法試験の勉強をゼロから開始
2005年 旧司法試験合格
2006年 最高裁判所司法研修所入所(現行第60期)
2007年 福岡県弁護士会にて弁護士登録。福岡第一法律事務所入所
2013年 光永法律事務所開設
労働者側の弁護士として、6年半で120件以上の事件を解決。過労死・過労自殺事件をはじめ、労災事故、解雇、残業代請求、セクハラ・パワハラ問題まで、幅広い分野に対応。「コーセーアールイー(採用内々定取消し)事件」など、全国的に有名な裁判も手掛けている。

ページトップ