未支給の保険給付、遺族(補償)給付及び葬祭料(葬祭給付)の請求における死亡診断書等の取扱いについて

2014.04.11 基労管発0411第2号
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

通達ダウンロード

※ボタンをクリックすると通達PDFデータがダウンロードできます。

基労管発0411第2号
平成26年4月11日

都道府県労働局労働基準部長 殿

厚生労働省労働基準局労災補償部労災管理課長

未支給の保険給付、遺族(補償)給付及び葬祭料(葬祭給付)の請求における死亡診断書等の取扱いについて

 未支給の保険給付、遺族(補償)給付及び葬祭料(葬祭給付)の請求における事務の取扱いについては、労働者災害補償保険法施行規則(昭和30年労働省令第22号)第15条の2等に定められているところであるが、請求人の負担の軽減や厚生年金等の事務の取扱いを踏まえ、添付書類について、下記のとおり取り扱うこととしたので、事務処理に遺漏なきを期されたい。

 未支給の保険給付、遺族(補償)給付、葬祭料(葬祭給付)の請求書に添付する市町村長に提出した死亡診断書、死体検案書又は検視調書の記載事項証明書については、これらの写しで差し支えないことする。

あわせて読みたい

ページトップ