職場における熱中症予防対策の徹底について

2010.07.27 基安労発0727第1号、第2号(第1号別添)
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

通達ダウンロード

※ボタンをクリックすると通達PDFデータがダウンロードできます。

基安労発0727第1号
平成22年7月27日

都道府県労働局労働基準部長 殿

厚生労働省労働基準局
安全衛生部労働衛生課長
(公印省略)

職場における熱中症予防対策の徹底について

 職場における熱中症の予防については、平成21年6月19日付け基発第0619001号「職場における熱中症の予防について」(以下「通達」という。)により対策を推進しているところであるが、本年7月中旬以降の急激な気温上昇に伴い、下記のとおり、職場における熱中症による死亡災害が多発している。
 このような状況を踏まえて、通達に基づく熱中症予防対策について、関係事業場への指導等に遺漏なきを期されたい。
 なお、関係団体に対しては別添のとおり要請を行ったので、了知されたい。

1 今夏(平成22年)の職場における熱中症による死亡者数は、平成22年7月26日までで13名に達し、既に、昨年の職場における熱中症による死亡者数8名を大きく上回っている。
(1)業種別内訳
 建設業 5名、製造業 2名、警備業 2名、農業 2名、その他事業 2名
(2)月旬別内訳
 6月中旬1名、7月上旬2名、7月中旬2名、7月下旬(7月26日まで)8名
 ※ 数字は平成22年7月26日時点での速報値。
2 なお、平成22年の梅雨明けは、沖縄で6月19日ごろ、奄美で7月15日ごろ、九州北部・四国・中国・近畿・東海・関東甲信・北陸で7月17日ごろ、東北で7月18日ごろ、九州南部で7月20日ごろとなっており(気象庁速報)、梅雨明け以降に死亡災害が多発している状況にある。

続きはPDFをダウンロードしてご覧ください。

ジャンル:

あわせて読みたい

ページトップ