元監督官の弁護士が解説!労働災害発生時におけるリスクマネジメント

2022.06.08 【セミナー動画】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

2022年6月3日に開催された労働新聞社セミナー「元監督官の弁護士が解説!労働災害発生時におけるリスクマネジメント」のセミナー動画です。

講師:TMI総合法律事務所 弁護士 西脇 巧

★セミナー案内はこちら⇒https://www.rodo.co.jp/seminar/freeseminar/125382/

労働新聞・安全スタッフの読者の方はログインをしていただくと、【全編視聴】【レジュメ・資料のダウンロード】が可能となります。

【セミナー内容】
第1 労働災害が発生した場合におけるリスク
 1 行政措置 ⇒ 生産ラインや工事等が止まる!?
 2 刑事罰 ⇒ 法人・責任者が罰せられる!?
 3 民事(賠償)責任 ⇒ 多額の損害賠償発生!?
 4 社会的な信用低下 ⇒ 売上・人材に影響!?
 5 リスクマネジメントの視点

第2 労働災害発生時の対応フロー及び留意点
 社内対応の留意点
 当局対応の留意点
 被害者(遺族)対応の留意点

第3 事例分析
 想定事例①:墜落災害
 想定事例②:過労自殺
 想定事例③:労災かくし

この動画はサンプルです。
全編およびレジュメ等は労働新聞・安全スタッフ定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。