読者無料セミナー『元監督官の弁護士が解説! 労働災害発生時におけるリスクマネジメント』を6月3日に開催します。

2022.04.27 【セミナー】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

災害発生から再発防止対策までを事例に基づき徹底解説

 労働災害が発生した場合に、対応が遅れたり誤ったりすると、法人の事業運営に大きな影響を及ぼすこととなり、従業員やその家族等ステークホルダーとの関係で信頼を喪失することにもなりかねません。また、事実関係を正確に把握して当該災害の原因分析を行うとともに、実効性のある再発防止対策を講じることは、将来における同種災害を防止する上で必要不可欠といえます。

 本セミナーでは、元監督官で現在は弁護士、労働安全コンサルタント、労働衛生コンサルタント、社会保険労務士として活躍されている西脇先生に、労働災害が発生した場合に想定されるリスクを踏まえ、労働災害の事例を取り上げながら、適切な原因分析及び再発防止対策と、各方面への対応方法について解説していただきます。

※当日のセミナーを録画し、後日労働新聞社電子版サイトにアップする予定です。

開催日:2022年6月3日(金)14:00~16:00
講 師:西脇 巧 氏(弁護士 TMI総合法律事務所)
受講料:「労働新聞」「安全スタッフ」読者様は無料。

◆詳細・お申し込みはこちら
https://www.rodo.co.jp/seminar/freeseminar/125382/

カテゴリ:
ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。