安全帯の規格の全部を改正する告示の施行について

2019.01.25 基発0125第2号
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

通達ダウンロード

※ボタンをクリックすると通達PDFデータがダウンロードできます。

基発0125第2号
平成31年1月25日

都道府県労働局長 殿

厚生労働省労働基準局長
(公印省略)

安全帯の規格の全部を改正する告示の施行について

 安全帯の規格の全部を改正する告示(平成31年厚生労働省告示第11号。以下「改正規格」という。)が平成31年1月25日に告示され、平成31年2月1日 から適用されることとなった。
 本改正は、労働安全衛生法施行令の一部を改正する政令(平成30年政令第184号。以下「改正政令」という。)及び労働安全衛生規則等の一部を改正する省令 (平成30年厚生労働省令第75号。以下「改正安衛則」という。)の施行に伴い、諸外国や国際標準化機構(以下「ISO」という。)の動向等を踏まえ、高さが2メートル以上の箇所で作業を行う場合において墜落により労働者に危険を及ぼすおそれのある場合であって足場を組み立てる等の措置が困難な場合等に使用さ れる安全帯について、名称、使用制限及び構造等を全面的に改めることにより、その安全性の向上を図るためのものである。
 改正規格の趣旨及び内容については、下記のとおりであるので、関係事業者に対する周知を図るとともに、これらの運用に遺漏なきを期されたい。

第1 改正の趣旨等
1 改正の趣旨
 労働安全衛生法(昭和47年法律第57号)第42条においては、政令で定める一定の機械等は、厚生労働大臣が定める規格又は安全装置を具備しなければ、譲渡し、貸与し、又は設置してはならないこととしている。また、同条に基づき、労働安全衛生法施行令(昭和47年政令第318号。以下「令」という。)第13条第3項各号において、厚生労働大臣が定める規格又は安全装置を具備すべき機械等を具体的に定めている。
 今般、諸外国やISOの動向等を踏まえ、また、改正政令により令第13条第…

続きはPDFをダウンロードしてご覧ください。

あわせて読みたい

ページトップ