鉄鋼業における自主的な安全管理活動の促進について

2016.02.25 基発0225第1号、第2号(第1号別添1)、第3号(第1号別添2) 【労働安全衛生法】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

通達ダウンロード

※ボタンをクリックすると通達PDFデータがダウンロードできます。

基発0225第1号
平成28年2月25日

都道府県労働局長 殿

厚生労働省労働基準局長
(公印省略)

鉄鋼業における自主的な安全管理活動の促進について

標記については、平成9年3月24日付け基発第190号(平成27年2月24日付け基発0224第1号により一部改正)「鉄鋼生産設備の非定常作業における安全衛生対策のためのガイドラインの策定について」、平成18年8月1日付け基発第0801010号「製造業における元方事業者による総合的な安全衛生管理のための指針について」等により推進してきたところであるが、本年に入ってから、別紙1のとおり、鉄鋼業において、設備の点検作業中の事故等、非定常作業を含む死亡災害が6件発生するなど、重大な災害が頻発しており、憂慮すべき状態となっている。

さらに、製造業においては、設置から20年以上経過した生産設備が約3割に達し、設備の老朽化が進展している。これを背景として、通路や昇降設備等の腐食・劣化を直接の原因とする災害が、別紙2のとおり、平成19年以降に全体で12件(死傷16人、死亡11人)発生し、そのうち鉄鋼業で5件(死傷9人、死亡4人)発生しており、経年設備の安全点検が喫緊の課題となっている。

このような状況を踏まえ、下記により、鉄鋼業の対象事業場に対して安全管理及び経年設備に係る自主点検の実施及びその結果の報告を求め、問題が認められる事業場に対しては、必要な対策を実施するよう指導することとするので、各労働局においては、その取組に万全を期されたい。

なお、別添1により一般社団法人日本鉄鋼連盟会長宛に協力要請を行い、別添2により関係事業者団体に対して注意喚起を行ったので了知されたい。

1 安全管理体制及び活動等に係る自主点検の実施

(1) 対象事業場

製鉄・製鋼・圧延業に属する労働者50名以上の事業場(関係請負人となっている事業者を除く。)…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。