労働安全衛生法の規定による免許の取消しの申請に関する事務の実施について

2013.03.26 基発0326第5号 【労働安全衛生法】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

通達ダウンロード

※ボタンをクリックすると通達PDFデータがダウンロードできます。

基発0326第5号
平成25年3月26日

都道府県労働局長 殿

厚生労働省労働基準局長
(公印省略)

労働安全衛生法の規定による免許の取消しの申請に関する事務の実施について

 労働災害防止団体法施行規則等の一部を改正する省令(平成25年厚生労働省令第3号)による労働安全衛生規則(昭和47年労働省令第32号)の一部改正により、労働安全衛生法(昭和47年法律第57号)の規定による免許所持者から、免許の取消しを受けたい旨の申請があった場合の取扱いについて規定され、本年4月1日から施行することとされたところである。その趣旨、内容等については、平成25年1月16日付け基発0116第5号「労働災害防止団体法施行規則等の一部を改正する省令の施行及びボイラー及び第一種圧力容器の製造許可基準等の一部を改正する告示の適用等について」により通達したところであるが、当該申請があったときの事務の実施について下記のとおり要領を定めたので、その適切な処理に遺漏なきを期されたい。

第1 審査基準
 1 労働安全衛生規則第67条の2の規定による免許の取消しの申請を受けて、労働安全衛生法第74条第2項に基づく処分を行うに当たっては、次の(1)及び(2)によること。
 (1)(2)の場合を除き、申請に係る免許の取消しを行うこと。
 (2)次表の左欄に掲げる種類の免許(以下「下位の資格」という。)の取消しの申請があった場合において、当該免許の種類ごとに同表の右欄に定める種類の免許(以下「上位の資格」という。)を受けているときは、上位の資格の取消しも同時に申請するのでなければ、免許の取消し及び効力の停止はいずれも行わないこと。

続きはPDFをダウンロードしてご覧ください。

ジャンル:

あわせて読みたい

ページトップ