改正 雇用対策法の実務解説

改正雇用対策法は平成19年8月4日(一部は10月1日)から施行されました。改正法では、雇用政策を「人口の構造の変化に対応して行う」ことを明記した点に象徴されるように、施策の展開に関する基本的な枠組みを大きく変更したほか、募集採用時の年齢制限を原則禁止し、青少年の募集方法・外国人労働者の雇用管理に関する規定を整備するなど、多様な労働力の充足を図るため抜本的な見直しが行われています。
本書は、法の制定、改正の経緯、各条の趣旨・内容等を可能な限り分かりやすく説明したものです。

労働新聞社 編

判型・ページ数:B5判/319ページ 発売日:2008年03月31日|価格:3,599円(税込) ISBN:978-4-89761-034-4 C2036 Y3333E

ご購入方法

弊社より直接のご購入
請求書・振替用紙でのお支払となります。
※定期刊行物ご購読者は一部商品を除き1割引でご購入いただけます。
オンライン書店での
ご購入
クレジットカード・代引き・コンビニ等でのお支払の場合は、各オンライン書店でのご購入になります。
  • 関連書籍
  • 目次を見る

    序章 雇用対策法の制定と改正

    第1節 雇用対策法制定時の経緯等
    1 雇用失業対策の変遷
      (1) 第1次大戦前後の対策
      (2) 第2次大戦の終戦前の対策
      (3) 終戦後の対策
    2 雇用情勢の転換
      (1) 雇用失業情勢の推移
      (2) 労働力需給の変動と問題点
    3 積極的雇用政策の必要性
    4 雇用対策法制定の経緯
      (1) 雇用審議会の審議等
      (2) 法律案の作成と国会審議
    5 雇用対策法の狙いと骨子
      (1) 雇用対策法の狙い
      (2) 本法の骨子
    第2節 平成13年・雇用対策法等の改正
    1 平成13年改正の背景及び経緯
    2 平成13年改正の概要
      (1) 特定不況業種等関係労働者の雇用の安定に関する特別措置法関係
      (2) 雇用対策法関係
      (3) 職業能力開発促進法関係
      (4) 地域雇用開発等促進法関係
      (5) 雇用保険法関係
      (6) その他
    第3節 平成19年・雇用対策法等の改正
    1 平成19年改正の背景及び経緯
    2 平成19年改正の概要
      (1) 雇用対策法関係
      (2) 地域雇用開発促進法関係
      (3) その他

    第1章 総 則

    第1節 概 説
    1 雇用対策法の意義
    2 関係法律との関連
    第2節 逐条解説

    第2章 求職者及び求人者に対する指導等

    第1節 概 説
    1 職業安定機関の行う職業紹介及び職業指導
      (1) 職業安定行政組織
      (2) 職業紹介の原則
      (3) 職業紹介
    2 新規学校卒業者に対する職業紹介及び職業指導
    3 職業安定機関以外の者の行う職業紹介
    第2節 逐条解説

    第3章 技能労働者の養成確保

    第1節 概 説
    1 雇用対策としての技能者養成
    2 職業訓練・技能検定制度の概要
    第2節 逐条解説

    第4章 職業転換給付金

    第1節 概 説
    第2節 逐条解説

    第5章 事業主による再就職の援助を促進するための措置

    第1節 概 説
    第2節 逐条解説

    第6章 外国人の雇用管理の改善、再就職の促進等の措置

    第1節 概 説
    第2節 逐条解説

    第7章 雑 則

    第1節 概 説
    第2節 逐条解説

    参考資料

  • 電子書籍

    以下の電子書店サイトで販売中です。
    表示されているアイコンをクリックすると、各電子書店の商品ページを表示します。
    購入・利用方法、対応機種につきましては、リンク先の各電子書店にお問い合せください。

    ebook_google-play ebook_honto

9784897610344

オンライン書店でのご購入

各書店のロゴをクリックするとオンライン書店ページへ移動します。
ページトップ