雇用保険被保険者離職証明書(事例1:月給制)

法令名【雇用保険法】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

様式ダウンロード

※ボタンをクリックすると各形式のデータがダウンロードできます。
※このPDF形式は実際の申請にはご使用になれません。

提出理由

従業員が離職または、死亡、役員等に選任され従業員の身分を失ったとき

どこへ

所轄公共職業安定所

いつまで

離職した日の翌日から10日以内

添付・提示書類

・雇用保険被保険者資格喪失届
・賃金台帳、出勤簿またはタイムカード
・離職理由欄の確認書類

誰が

事業主

記載事例

事例1
㈱台場商会の従業員である、長谷川君代さんは退職しました。
生年月日:昭和○○年8月31日
退職日:平成○○年6月20日
賃金:月給 200,000円
退職事由:転職希望
離職証明書の交付:希望
雇用保険被保険者番号:5467-234567-8
事例2
日給者として日給10,000円の場合

ポイント

・⑫欄の賃金額記入時は、月給制、週給制はA欄、日給制、時給制はB欄に記入します。
・離職者に、⑦欄以外を確認させたうえ、記名押印または自筆による署名を⑮欄にさせます。なお、帰郷その他やむを得ない場合により、離職者の記名押印または自筆による署名ができない時は、理由を記載して事業主印を押印します。
・「雇用保険被保険者資格喪失届」に添えて「雇用保険被保険者離職証明書」を提出します。ただし、59歳未満で離職者本人の交付不要確認が取れれば、必要ありません。

参照条文

雇保則7条

電子申請システムリンク先

雇用保険被保険者資格喪失届(離職票交付あり)(平成30年1月以降手続き)

雇用保険被保険者資格喪失届提出後の離職票交付の申請(平成30年1月以降手続き)

あわせて読みたい

ページトップ