第一種圧力容器及び第二種圧力容器の胴又は鏡板に設けるマンホール、掃除穴及び検査穴について

2016.03.18 基安安発0318第2号
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

通達ダウンロード

※ボタンをクリックすると通達PDFデータがダウンロードできます。

基安安発0318第2号
平成28年3月18日

都道府県労働局労働基準部長 殿

厚生労働省労働基準局
安全衛生部安全課長
(契印省略)

第一種圧力容器及び第二種圧力容器の胴又は鏡板に設けるマンホール、掃除穴及び検査穴について

 第一種圧力容器に設ける穴については、圧力容器構造規格(平成15年厚生労働省告示第196号。以下「現構造規格」という。)第31条において所要の規定がなされているところであるが、現構造規格により全部改正された圧力容器構造規格(平成元年労働省告示第66号)第47条第1項第1号及び第5号の規定との整合性について、平成15年4月30日付け基発第0430004号通達の記のⅡの第1の1及び2の主旨並びに日本工業規格B8265(圧力容器の構造-一般事項)の5.1.5のa)の1)及び5)の規定を踏まえ、現構造規格第70条の規定に基づき、下記に掲げる第一種圧力容器は、現構造規格第31条に適合しているものとみなしても差し支えないので、この運用に遺漏なきようよろしくお願いする。
 また、第二種圧力容器に設ける穴についても、上記と同様の取扱いとしても差し支えないので、併せて遺漏なきようお願いする。

 ・胴の内径が300ミリメートル以下の第一種圧力容器
 ・熱交換器などで、構造、形状又は用途の関係で、検査、修理、清掃などに供する穴を設ける必要がない圧力容器

あわせて読みたい

ページトップ