厚生労働大臣が定める現物給与の価額について

2014.01.31 基発0131第1号、保発0131第1号・年管発0131第2号(基発0131第1号別添)
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

通達ダウンロード

※ボタンをクリックすると通達PDFデータがダウンロードできます。

基発0131第1号
平成26年1月31日

都道府県労働局長 殿

労働基準局長
(公印省略)

厚生労働大臣が定める現物給与の価額について

 標記については、健康保険法(大正11年法律第70号)第46条第1項、船員保険法(昭和14年法律第73号)第22条、厚生年金保険法(昭和29年法律第115号)第25条及び労働保険の保険料の徴収等に関する法律(昭和44年法律第84号)第2条第3項の規定に基づき、報酬、賞与又は賃金のうち金銭又は通貨以外のもので支払われるものの価額を厚生労働大臣が定めることとされており、平成24年1月31日に「厚生労働大臣が定める現物給与の価額」(平成24年厚生労働省告示第36号)により告示したところであるが、今般、「厚生労働大臣が定める現物給与の価額の一部を改正する件」(平成26年厚生労働省告示第20号。以下「改正告示」という。)の告示により、改正されたところである。
 改正告示は、本年4月1日から適用されるので、その取扱いに当たっては十分に留意の上、遺漏なきを期されたい。
 また、本件については、別添のとおり、本日付けで保険局長及び大臣官房年金管理審議官より日本年金機構理事長宛て通知している旨申し添える。

続きはPDFをダウンロードしてご覧ください。

ジャンル:

あわせて読みたい

ページトップ