別添 合板足場板安全技術基準の制定について

2011.06.02 合板協発第1107号の2(事務連絡別添) 【労働安全衛生法】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

通達ダウンロード

※ボタンをクリックすると通達PDFデータがダウンロードできます。

合板協発第1107号の2
平成23年5月20日

厚生労働省 労働基準局
安全衛生部 建設安全対策室長 殿

(社)合板仮設安全技術協会
会長 田中 隆二

合板足場板安全技術基準の制定について

 時下ますますご清栄のこととお慶び申しあげます。日頃より当協会の事業運営についてご指導ご協力を賜り感謝申しあげます。
 当協会では、これまで、合板足場板の規格(昭和56年労働省告示第105号)に適合した「南洋材(アピトン又はカポール)をフェノール樹脂等により接着した合板足場板」及び平成19年に当協会が安全技術基準を定めた「ユーカリ、カラマツ、ラジアタパイン等を使用した合板足場板」の普及に努めてきたところです。
 しかしながら、近年、材料の転換等が図られていることから、今般、新たに「国産材合板足場板安全技術基準」(別添1)及び「NZパイン合板足場板安全技術基準」(別添2)のを策定し、基準に適合したものについては、別紙に示す標章の取付又は適合品である旨の表示を行うこととしたところです。
 つきましては、貴殿よりこれら基準及び適合標章の普及にご協力を賜りますようよろしくお願い致します。

続きはPDFをダウンロードしてご覧ください。

ジャンル:

あわせて読みたい

ページトップ