除染等業務従事者等被ばく線量登録管理制度について

2013.11.15 基発1115第4号、第1~3号(第4号別添3~5) 【労働安全衛生法】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

通達ダウンロード

※ボタンをクリックすると通達PDFデータがダウンロードできます。

基発1115第4号
平成25年11月15日

別記の都道府県労働局長 殿

厚生労働省労働基準局長
(公印省略)

除染等業務従事者等被ばく線量登録管理制度について

 標記については、東日本大震災で生じた放射性物質により汚染された土壌等を除染するための業務等に係る電離放射線障害防止規則(除染電離則)及び電離放射線障害防止規則(電離則)により、労働者の放射線障害防止を図っているところである。
 現在、法令をより確実に遵守するための民間の取り組みとして、除染等業務等に従事する労働者の被ばく線量等を一元管理する制度を設立するため、関係元請事業者が参集した「除染等業務従事者等被ばく線量登録管理制度検討会」(別添1参照)において検討が進められている。本日、別添2のとおり、同検討会の中間とりまとめが公表され、同制度が暫定的に発足したところである。
 厚生労働省としては、同制度は、除染電離則及び電離則に定める被ばく管理を円滑かつ確実に実施するために有益であると考えており、今後速やかに「除染等業務に従事する労働者の放射線障害防止のためのガイドライン」(平成23年12月22日付け基発1222第6号)等の改正を行う等により、除染等業務等に従事する事業者に対し、同制度への参加を促していく。
 ついては、各局におかれては、同制度の内容について、下記事項に留意の上、管轄内の地方自治体(環境省からの支出委任を受けた国の機関を含む。以下、同じ。)の発注部門及び事業者団体等に対して適切な方法により周知等を図られたい。
 なお、環境省に対して別添3、国土交通省、農林水産省に対して別添4、関係事業者団体に対して別添5により通知していることを申し添える。

1 同制度の実施に関する留意点

続きはPDFをダウンロードしてご覧ください。

ジャンル:

あわせて読みたい

ページトップ