定期購読者無料セミナー(東京会場) 実践!働き方改革を踏まえた労働時間管理の見直し方法

【セミナー動画】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

2019年3月5日に日本教育会館(東京)で開催された労働新聞社の定期購読者無料セミナー「実践!働き方改革を踏まえた労働時間管理の見直し方法」の撮影動画です。

講師:多湖・岩田・田村法律事務所 弁護士 田村 裕一郎

【セミナー内容】
全体像
7.働き方改革を踏まえたリスク対応
(a)労働時間管理方法の見直し
(c)36協定の見直し
(b)健康管理方法の見直し
8.働き方改革と管理監督者等
1.労働時間該当性の有無(実体法観点)
(a)通勤時間は労働時間か?
(b)始業前の準備時間等は労働時間か?
(c)不活動時間(仮眠時間)は労働時間か?
(d)自己研鑽の時間は労働時間か?
(f)自宅作業時間(風呂敷残業)=持ち帰り残業は労働時間か?
(g)健康診断時間は労働時間か?
(h)その他問題となり得る時間
2.労働時間該当性の判断手法(手続的観点)
(a)タイムカードとパソコンのログとの間に齟齬がある場合
(b)タイムカードと自己申告との間に齟齬がある場合
3.適切な労働時間把握方法、など

この動画はサンプルです。
全編およびレジュメ等は労働新聞・安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ページトップ