【労働新聞創刊70周年記念セミナー】働き方改革とこれからの労働法政策

2021.11.04 【セミナー動画】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

2021年10月28日に開催された労働新聞創刊70周年記念セミナー第二部「働き方改革とこれからの労働法政策」のセミナー動画です。

講師:東京大学大学院法学政治学研究科教授 労働政策審議会労働条件分科会会長 荒木 尚志

★セミナー案内はこちら⇒https://www.rodo.co.jp/seminar/freeseminar/111943/

労働新聞・安全スタッフの読者の方はログインをしていただくと、【全編視聴】【レジュメ・資料のダウンロード】が可能となります。

【セミナー内容】
はじめに
Ⅰ 労働法制の展開
Ⅱ 労働時間規制改革
Ⅲ 正規・非の不合理な格差是:いわゆる「同一労働一賃金」
Ⅳ 兼業・副業の推進
Ⅴ 多様化する働き手:フリーランス/雇用類似の働き方
Ⅵ これからの労働法政策

この動画はサンプルです。
全編およびレジュメ等は労働新聞・安全スタッフ定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

関連キーワード:
ページトップ


ご利用いただけません。