11月開催・労働新聞社セミナー情報

2023.11.20 【セミナー】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

この機会にぜひお申込みください!!

出版記念 若手社員の退職を防ぐ「働き方改革」実践ノウハウの解説(オンライン)

人が辞めてしまう、人手不足で困っている…、そんな悩みを解消するための「働き方改革」実践方法をやさしく解説します。関係法令等についての詳しい解説は省き、実務として具体的にするべきことを中心に、かつて父親として双子を育てる時間を捻出するため、仕事の徹底的な効率化を実現した著者が、その実体験に基づく知見を語ります!書籍に盛り込めなかった情報や実際の企業事例についてもご紹介!働き方改革を具体的にどう進めたらいいのか悩んでいる経営者・人事責任者・管理職の方や実務担当者の方、働き方改革にはメリットがないと誤解されている経営者の方にぜひ見ていただきたいです。また、世の多くのビジネスパーソンにとっても、職場の業務改善のヒントを得られる内容になっています。
開催日:2023年11月7日(火)14:00~15:30
講 師:中倉 誠二 氏(中小企業診断士 ビジネスコンサルタント)
受講料:
「労働新聞」「安全スタッフ」読者様は、3,300円(税込)(1アカウントについての料金です)
読者価格受講のお申し込み期限は、10月30日16時です。
一般の方は4,400円(税込)(1アカウントについての料金です)
書籍購入希望の方は、上記金額に1,584円(税込)がプラスになります。
お申し込み受付は終了いたしました。
https://www.rodo.co.jp/seminar/otherseminar/166375/

来年施行 フリーランス保護法の解説と検討・準備事項(オンライン)

フリーランスの保護に向けた新法(特定受託事業者に係る取引の適正化等に関する法律)が4月28日成立、5月12日に公布され、公布から1年6カ月を超えない期間後に施行となります。個人で働くフリーランスに業務委託を行う発注事業者に対し、業務委託をした際の取引条件の明示、給付を受領した日から原則60日以内での報酬支払、ハラスメント対策のための体制整備等が義務付けられることとなります。本セミナーでは、同法の内容と発注業者が行うべき措置等について、元厚生労働省労働基準局長で現在は弁護士として活躍されている中野先生に解説いただきます。
開催日:2023年11月9日(木)15:00~16:00
講 師:中野 雅之 氏(弁護士 岩田合同法律事務所(元厚労省労働基準局長))
受講料:「労働新聞」「安全スタッフ」読者限定(無料。ただし1契約5アカウントまで)
お申し込み受付は終了いたしました。
https://www.rodo.co.jp/seminar/freeseminar/165666/

弁護士と精神科医・産業医が解説! 社員の休職、復職・退職の実務(オンライン)

メンタルヘルス不調の社員に対する休職、復職・退職は労使間のトラブルが多く発生する状況の一つです。本セミナーでは、労働弁護士と精神科医・産業医が、法的観点&医学的観点の双方が必要となる重要論点を中心に双方の専門知識に基づいて解説いただきます。
開催日:2023年11月15日(水)10:00~12:30
講 師:樋口 治朗 氏(弁護士 南青山J&M総合法律事務所)、関谷 純平 氏(精神科医、産業医 医療法人社団円遊会、株式会社東京こころの産業医事務所)
受講料:
「労働新聞」「安全スタッフ」読者様は、4,950円(税込)(1アカウントについての料金です)
一般の方は9,900円(税込)(1アカウントについての料金です)
お申し込み受付は終了いたしました。
https://www.rodo.co.jp/seminar/otherseminar/165826/

従業員の精神障害に対して企業対応はどうあるべきか(オンライン)

働き方の多様化、職場環境の変貌等を背景として、職場における従業員の精神障害発症に当たっての対応に苦慮している企業は少なくありません。精神障害の労災請求件数、労災認定件数も年々増加し、今年9月1日には労災認定基準が改正されています。今回のセミナーでは、従業員の精神障害発症に対して企業はどのように対応すべきなのか、私傷病休職期間中の労災申請に対する対応、企業に問われる安全配慮義務違反と損害賠償請求について岡崎弁護士に解説いただき、併せて、今回の労災認定基準を受けて、認定基準の内容を再確認して労基署による認定調査への対応について、元厚生労働事務官として多くの労災案件を経験されている高橋社会保険労務士に解説をしていただきます。そのうえで、様々な論点から企業対応、今回の労災認定基準改正による影響等についてお二人でとことん語り尽くしていただきます。
開催日:2023年11月22日(水)15:00~17:00
講 師:岡崎 教行 氏(弁護士 寺前総合法律事務所)、高橋 健 氏(社会保険労務士 たかはし社会保険労務士事務所)
受講料:
「労働新聞」「安全スタッフ」読者様は、4,950円(税込)(1アカウントについての料金です)
一般の方は8,800円(税込)(1アカウントについての料金です)
お申し込み受付は終了いたしました。
https://www.rodo.co.jp/seminar/otherseminar/166135/

カテゴリ:
ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。