測定後の汚水槽で硫化水素中毒 溜まっていた汚泥からガスが発生

【有害物との接触】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

災害事例シート

※ボタンをクリックするとPDFデータがダウンロードできます。

 清掃業者が工場の汚泥処理作業中、汚水をバキュームポンプで吸い上げた後、まだ底に溜まってる汚泥を処理するため、酸素および硫化水素濃度等を測定しましたが異常がないため、作業者が中に入って水道ホースで汚泥を崩していて失神して倒れ、重症の硫化水素中毒になり入院。

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

起因物等:

あわせて読みたい

ページトップ