地下ピット内にて型枠解体作業の準備中、酸欠空気により被災

【その他】
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

災害事例シート

※ボタンをクリックするとPDFデータがダウンロードできます。

 作業員2人(A、B)でのピットの型枠解体作業時に、ピット内に溜まっていた水を水中ポンプで汲み出し、水が減ってきたのでAがハシゴでピット内に降りたところ、酸欠空気により被災。倒れているAを発見したBは、慌ててピット内に降りたため同様に被災。

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

起因物等:

あわせて読みたい

ページトップ