換気口内地下ピットに溜まった雨水を内燃機関付ポンプで排水作業中に発生

【有害物等との接触】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

災害事例シート

※ボタンをクリックするとPDFデータがダウンロードできます。

発生状況

 午前8時30分頃から、2人で地下ピットに溜まった雨水を排水するため、あらかじめピット入口にあったガソリンエンジン付ポンプで排水作業を開始したが、台風の影響で雨水が思ったよりも多かったため、追加でガソリンエンジン付ポンプ1台をピット内に持ち込んで排水作業をしていたところ、2人とも気分が悪くなりその場に倒れた。昼食時に作業員詰所へ2人が戻ってこないため同僚の作業員がピット内をのぞいたところ倒れている2人を発見し、7人で救出したがその7人も救出中に次々と具合が悪くなり、病院で一酸化炭素中毒と診断された。

発生原因

① 人的要因:ガソリンエンジン付ポンプが…

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

起因物等:

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。