熱中症への認識がなく、病院搬送後に死亡とび工(38歳)

【建設業】【熱中症】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

災害事例シート

※ボタンをクリックするとPDFデータがダウンロードできます。

発生状況

 マンション新築工事現場で、午前中から足場の解体作業を行っていた。昼休みを1時間取ったのち、午後から引き続き足場の解体と解体材の搬出作業を行っていた。午後2時半頃に気分が悪そうだったので職長が、1時間くらい日陰で休憩させた。

 午後4時頃、被災者は足元がフラついていて、災害を起こす危険があったため、日陰で再び休ませたが、午後5時頃、被災者が吐き気をもよおし、病状がひどくなったので救急車で病院に搬送したが、多臓器不全のため亡くなった。

原因

① 最高気温37.4℃(16時計測)の…

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

起因物等:

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。