高熱のサイロ内作業で急性熱中症 単独作業のため発見救出が遅れ

【製造業】【熱中症】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

労働災害事例シート

※ボタンをクリックするとPDFデータがダウンロードできます。

災害のあらまし

 合材サイロでアスファルトを製造・販売する事業所において、サイロ内の合材が劣化して使用できなくなったため、サイロメーカーに除去作業を依頼しました。サイロメーカーから派遣されてきた被災者(男性・30歳、経験10年)が、電動ピックでサイロ内部に付着した合材のはつり作業を開始して約45分後、サイロの中で倒れているのが発見され、病院に移送しましたが約30分後に死亡しました。

災害の主な原因

① サイロ内部の温度が…

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

起因物等:

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。