サポートのレベル調整中、サポートの上柱管が外れ被災

【動作の反動】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

災害事例シート

※ボタンをクリックするとPDFデータがダウンロードできます。

 2階床のコンクリー卜打設合番中、梁底のレベルを確認してサポートのレベル調整を行うためにサポートの取っ手にサポートの上柱管(差込管)を差し、上柱管を押してサポートレベルを上げていたが、押している途中で上柱管が取っ手から滑って外れ、上柱管の小口が顔面に当たり被災した。

この記事の全文は、安全スタッフ電子版会員様のみご覧いただけます。

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

起因物等:

あわせて読みたい

ページトップ