機械修理中、パイプレンチが顔面に激突 作業中に勘違いで機械を動かした

【激突され】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

災害事例シート

※ボタンをクリックするとPDFデータがダウンロードできます。

発生状況

 被災者は、Vベルトが空回りするためモーターの力では回転軸は回らないと考え、パイプレンチを回転軸に取り付けて回転軸を回そうとしました。他の作業者は、被災者が機械の位置を離れたと思いスイッチを入れたところ、回転軸に取り付けられていたパイプレンチが被災者の顔面に激突したものです。

発生原因

 災害の発生原因は次のようになります。

① 機械の状況等を…

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

起因物等:

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。