冷凍機の冷媒回収作業中に油が噴出し火傷 経験の浅い作業者に非定常作業をさせた

【高温・低温の物との接触】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

災害事例シート

※ボタンをクリックするとPDFデータがダウンロードできます。

災害発生状況

 冷凍機製造工場でアンモニア冷凍機の出荷前試運転を実施し、運転検査を行っていました。試運転終了後の冷媒回収作業を行うため、冷媒回収用バルブにチャージホースを繋ぎ、取り付けてあったバイパス配管の食い込み継手の締め込みナットをゆるめてフリーの状態とし、継手部からバイパス配管を抜き取りました。このとき、冷媒回収用バルブが開となっていたため、冷媒回収用バルブの継手から油が噴出し火傷を負ったものです。

災害発生原因

① 運転検査手順書は存在していましたが、…

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

起因物等:

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。