水の残っていた浴槽で電気ドリルを使い感電 素足・素手での作業だった

【感電】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

災害事例シート

※ボタンをクリックするとPDFデータがダウンロードできます。

発生状況

 災害発生当日、被災者は作業を行うため素足で浴槽に入り(浴槽内には、7~8cmほど水が残っていた)、素手で電動ドリル(単相100V)を持ち、壁の穴あけ作業を行っていました。午後、旅館の事務室内に設置されていた漏電警報器のブザーが鳴ったので、旅館の従業員が現場にかけつけたところ、被災者が浴槽内で電動ドリルを胸に抱くようにして仰向けに倒れているのを発見しました。

発生原因

 災害発生の原因は次のようになります。

① 作業中に水が電動ドリルの内部に…

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

起因物等:

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。