第2回 「職務分析」を「働き方改革」に結びつけるためのポイントと手法(3回シリーズ)

  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 本セミナーでは、3回シリーズで「職務基準」に基づく人事制度の理論と実務の基礎を学ぶことができます。

「働き方改革」に対応!合理的な「職務基準」の役割等級制度の設計と運用(2)

~職務基準の役割等級制度における目標管理・人事考課制度~

 「働き方改革」に必要な業務分析・業務改善手法や、職務基準における目標管理・人事考課制度のあり方について、理論と実務を学んでいただきます。その上で、社員の納得性とやる気を高める制度運用のポイントや「人事考課訓練」のケーススタディ、目標管理制度の運用事例についてもご紹介します。

※当日の講演を録画し、後日読者専用サイト内で公開予定です(講演全てを公開できない場合があります)※

その他の開催予定
第1回 「働き方改革」を実現する職務基準の人事制度…4/26(木)
第3回 職務基準の賃金の理解と設計および運用方法…6/20(水)

【セミナー概要】

① 職務分析を活用し、「働き方改革」を実現するために必要な業務分析・改善手法
② 多様な働き方を実現するための役割(職務)編成のあり方
③ 職務の本質から捉える(職務基準の人事制度における)目標管理・人事考課制度の考え方
④ 納得性のある業績管理のための目標管理・人事考課制度の運用とそのポイント
(経営戦略から新たな職務分析手法「プロセス展開表」そして目標管理・人事考課制度への展開)
⑤ 目標管理制度を支えている(行動科学)理論の理解
⑥ 人事考課訓練の実際(ケーススタディ)
⑦ 職務基準だから必要な職務分析と能力開発制度の構築手順

注意事項等

※会場内での録音、配布した資料の複製・頒布は禁止させていただきます。
※参加費は、下記口座に開催日2日前までにお振込みください。お振込み手数料はお客様にてご負担ください。
※セミナー当日の現金でのお支払いはできません。ご了承ください。
※お振込み後のキャンセルは、開催日2日前までにご連絡ください。それ以降のご欠席の場合、関係資料をご送付し、受講料は申し受けます。

お振込先(請求書を送付申し上げますので、以下の口座にお振込ください)
三井住友銀行 ときわ台支店(672)
普通 6765584
口座名義 株式会社 労働新聞社
カブシキガイシャロウドウシンブンシャ

セミナープログラム

開催日時
2018年5月25日(金)10:00~16:30(受付9:30~)
会場

㈱KACHIELセミナールーム
東京都港区高輪3-25-23 京急第2ビル6階

※JR品川駅 高輪口下車 徒歩2分

参加費用

セミナー受講料 1名様7,000円(税込み)

定員

60名(定員になり次第、締め切らせていただきます)

お問い合わせ先

労働新聞社(担当:伊藤)
〒173-0022
東京都板橋区仲町29-9
【TEL】03-5926-6888
【FAX】03-3956-1611
【E-mail】seminar@rodo.co.jp

講師プロフィール

西村 聡 氏(㈱メディン 代表経営コンサルタント)

(公財)関西生産性本部主任経営コンサルタントとして活動後、独立。
近畿大学、大阪商業大学非常勤講師。経済学修士。
経営革新を目的とした戦略策定から業務プロセス改革を中心に生産現場革新、人事賃金制度構築、営業革新などの総合経営コンサルティングに従事。さまざまな業種の大企業から中堅中小企業のほか、医療福祉機関、学校法人などの経営革新に取り組んでいる。

著書

「賃金の本質と人事革新-歴史に学ぶ人の育て方・活かし方」
「役割等級人事制度のための賃金設計実務講義」
「多様な働き方を実現する役割等級人事制度」
「職種ごとの事例でわかる 役割等級人事制度による病院の経営改革」
ほか多数

ページトップ