ウィズコロナ時代の労務管理のポイント(新潟)★

  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

~「新しい働き方」の時代に求められる労務管理とは?~

 新型コロナウイルスの感染防止のためのテレワークや在宅勤務など、今年になってから「働き方」が劇的に変化してきており、それに伴い人事労務の現場では従来とは違う問題が多数生じております。
 今回は、労働問題に詳しく労働組合等の交渉等で人事労務の現場を熟知している弁護士の湊先生を講師にお招きし、「ウィズコロナ」で求められる人事労務管理について、法的な観点もふまえて解説いただきます。
 皆様のご参加をお待ちしております。

※新型コロナウイルス感染防止に配慮し開催いたします。
※当日はマスクの着用、手指の消毒等にご協力ください。熱がある、咳が出るなど体調が優れない方は受講をおやめください。

★当日のセミナー動画はコチラからご覧いただけます⇛https://www.rodo.co.jp/movie/94984/

主要なテーマ

・社員の休業、感染者(疑い含む)の自宅待機、職場復帰の問題
労働条件不利益変更の問題
・人員調整(リストラ)問題
・テレワークに関する問題
・安全配慮義務(通勤時、社内での対策、感染地域への出張命令ほか)
・コロナうつなどのメンタルヘルス疾患への対応

 

注意事項

※会場内での録音・録画、配布した資料の複製・頒布は禁止させていただきます。

</p・社員の休業、感染者(疑い含む)の自宅待機、職場復帰の問題

セミナープログラム

開催日時
2020年9月4日(金)13:30~16:30(受付13:00~)
会場

朱鷺メッセ(新潟コンベンションセンター) 中会議室201 ※会場案内はこちら
TEL:025-246-8400
新潟市中央区万代島6-1
※お車でお越しの際は、万代島駐車場A~Eをご利用ください。入場から最初の60分は無料です。
※JR新潟駅から徒歩20分

参加費用

「労働新聞」「安全スタッフ」読者様 1紙・誌につき2名様まで無料
読者の方で3名以上のご参加および一般の方は、1名につき16,500円(税込)です。

定員

60名(定員になり次第、締め切らせていただきます)

お問い合わせ先

労働新聞社(担当:伊藤)
〒173-0022
東京都板橋区仲町29-9
【TEL】03-5926-6888
【FAX】03-3956-1611
【E-mail】seminar@rodo.co.jp

講師プロフィール

湊 祐樹 氏(弁護士 第一芙蓉法律事務所)

平成20年弁護士登録(第一東京弁護士会)
日本労働法学会会員 経営法曹会議会員 第一東京弁護士会労働法制委員会会員
東京法律相談連絡協議会労働問題プロジェクトチーム委員
労働事件(使用者側)を専門として取り扱い、個別労使紛争のみならず、特に労働組合対応などの集団的労使関係対応を得意とする。訴訟、労働審判、労働委員会などの事件も毎年数多く取り扱う。

著書

「どうする?働き方改革法 労働時間・休日管理&同一労働同一賃金」(日本法令)
「2019年5月成立のパワハラ対策法に対応! 事例で学ぶパワハラ防止・対応の実務解説とQ&A」(労働新聞社)(共著)

ページトップ