石油コンビナート等石油化学関連事業所における災害の防止に向けた取組について

2020.03.06 事務連絡
  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

通達ダウンロード

※ボタンをクリックすると通達PDFデータがダウンロードできます。

事務連絡
令和2年3月6日

都道府県労働局労働基準部長 殿

厚生労働省労働基準局安全衛生部
化学物質対策課長

石油コンビナート等石油化学関連事業所における災害の防止に向けた取組について

 厚生労働省では、総務省消防庁及び経済産業省とともに、3省庁が一体となって石油コンビナート等における災害防止に向けた取組を進めるため、平成26年度から「石油コンビナート等災害防止3省連絡会議」を開催し、事故情報等の共有を図るとともに、近年では、事業所におけるリスクアセスメントの良好事例集や、石油プラントにおけるドローンの安全な運用方法に関するガイドライン等を作成し、その普及啓発を行う等の取組を進めてきたところである。

 一方、石油コンビナート等における事故は依然として増加傾向にあるため、令和元年に関係団体を通じて「石油コンビナートにおける災害防止に関する現状調査(石油精製、石油化学、一般化学)※」を行ったところ、別添調査結果のとおり、リスクアセスメント実施の効果及び課題等が明らかになった。

 この調査結果を踏まえ、平成26年5月に石油コンビナート等災害防止3省連絡会議報告書で定めた自主保安の更なる徹底を図るため、別紙要請を関係団体に対して行ったところである。

 貴局におかれては、管内に高圧ガス保安法又は石油コンビナート等災害防止法の対象施設への指導に際しては、本要請内容に留意するようお願いする。…

続きはPDFをダウンロードしてご覧ください。

あわせて読みたい

ページトップ