「じん肺健康診断及びじん肺管理区分の決定におけるDR(FPD)写真及びCR写真の取扱い等について」の一部改正について

2016.01.15 基安労発0115第1号 【じん肺法】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

通達ダウンロード

※ボタンをクリックすると通達PDFデータがダウンロードできます。

基安労発0115第1号
平成28年1月15日

都道府県労働局労働基準部長 殿

厚生労働省労働基準局
安全衛生部労働衛生課長
(契印省略)

「じん肺健康診断及びじん肺管理区分の決定におけるDR(FPD)写真及び
CR写真の取扱い等について」の一部改正について

じん肺法(昭和35年法律第30号)に基づき、じん肺健康診断及びじん肺管理区分の決定(以下「じん肺健康診断等」という。)においては、エックス線写真を用いることとされている。

エックス線写真に関して、デジタル写真である「半導体平面検出器を搭載した一般撮影装置による写真」(以下「DR(FPD)写真」という。)及びComputed Radiographyによる写真(以下「CR写真」という。)については、平成22年6月24日付け基安労発0624第1号「じん肺健康診断及びじん肺管理区分の決定におけるDR(FPD)写真及びCR写真の取扱い等について」において、その留意事項等を示しているところである。

今般、企業より、新たにじん肺健康診断等において使用することができるじん肺等級付け機器を開発し、その内容を中央じん肺診査医会で検討した。

その結果、従来機種において直接変換型として使用していたデジタルラジオグラフィー装置を間接変換型として使用するものであり、適正に使用することができると認められた。

また、マルチ周波数処理にかかる撮像表示条件について、全メーカーに共通する条件と、メーカー毎の条件の間に、一部矛盾が生じていることが判明した。

そこで、じん肺健康診断等に用いるエックス線写真がDR(FPD)写真である場合の留意事項等を下記のとおり改めることとしたので、その実施及び貴管下の関係医療機関への周知につき遺憾なきを期せられたい。

1 撮像表示条件等の改正について

じん肺健康診断等において、DR(FPD)写真を用いる場合の各種条件を示した「じん肺健康診断等のためのDR撮像表示条件」及び「DR撮像表示条件確認表」において、「画像処理条件(一般的表記)」及び「メーカー毎画像処理条件」にかかる撮像表示条件について、以下のとおり改正する。…

この記事の全文は、労働新聞・安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

労働新聞・安全スタッフ電子版へログイン

労働新聞・安全スタッフ電子版は労働新聞・安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

ジャンル:

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。