高気圧作業安全衛生規則 第8条~第9条

【高気圧作業安全衛生規則】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

このページでは高気圧作業安全衛生規則(高圧則) 第8条第9条 を掲載しています。

(令和2年8月28日施行)

第二章 設備
第二節 潜水業務の設備

(空気槽)

第八条 事業者は、潜水業務に従事する労働者(以下「潜水作業者」という。)に、空気圧縮機により送気するときは、当該空気圧縮機による送気を受ける潜水作業者ごとに、送気を調節するための空気 そう 及び事故の場合に必要な空気をたくわえてある空気 そう (以下「予備空気 そう 」という。)を設けなければならない。

 予備空気槽は、次に定めるところに適合するものでなければならない。

 予備空気槽内の空気の圧力は、常時、最高の潜水深度における圧力の一・五倍以上であること。

 予備空気槽の内容積は、厚生労働大臣が定める方法により計算した値以上であること。

 第一項の送気を調節するための空気そうが前項各号に定める予備空気 そう の基準に適合するものであるとき、又は当該基準に適合する予備ボンベ(事故の場合に必要な空気をたくわえてあるボンベをいう。)を潜水作業者に携行させるときは、第一項の規定にかかわらず、予備空気 そう を設けることを要しない。

(空気清浄装置、圧力計及び流量計)

第九条 事業者は、潜水作業者に空気圧縮機により送気する場合には、送気する空気を清浄にするための装置のほか、潜水作業者に圧力調整器を使用させるときは送気圧を計るための圧力計を、それ以外のときはその送気量を計るための流量計を設けなければならない。

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。