鉛中毒予防規則 第39条~第42条

【鉛中毒予防規則】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

このページでは鉛中毒予防規則(鉛則) 第39条第40条第41条第42条 を掲載しています。

(令和2年7月1日施行)

第四章 管理
第二節 業務の管理

(ホツパーの下方における作業)

第三十九条 事業者は、粉状の鉛等又は焼結鉱等をホツパーに入れる作業を行なう場合において、当該ホツパーの下方の場所に粉状の鉛等又は焼結鉱等がこぼれるおそれのあるときは、当該場所において、労働者を作業させてはならない。ただし、当該場所において臨時の作業に労働者を従事させる場合において、当該労働者に有効な呼吸用保護具を使用させるときは、この限りでない。

(含鉛塗料のかき落とし)

第四十条 事業者は、令別表第四第八号に掲げる鉛業務のうち含鉛塗料を塗布した物の含鉛塗料のかき落としの業務に労働者を従事させるときは、次の措置を講じなければならない。

 当該鉛業務は、著しく困難な場合を除き、湿式によること。

 かき落とした含鉛塗料は、すみやかに、取り除くこと。

(鉛化合物のかき出し)

第四十一条 事業者は、鉛化合物の焼成炉からのかき出しの鉛業務に労働者を従事させるときは、次の措置を講じなければならない。

 鉛化合物を受けるためのホツパー又は容器は、焼成炉のかき出し口に接近させること。

 かき出しには、長い柄の用具を用いること。

(鉛装置の内部における業務)

第四十二条 事業者は、令別表第四第九号に掲げる鉛業務に労働者を従事させるときは、次の措置を講じなければならない。

 作業開始前に、当該鉛装置とそれ以外の装置で働させるものとの接続箇所を確実にしや断すること。

 作業開始前に、当該鉛装置の内部を十分に換気すること。

 当該鉛装置の内部に付着し、又はたい積している粉状の鉛等又は焼結鉱等を湿らせる等によりこれらの粉じんの発散を防止すること。

 作業終了後、すみやかに、当該労働者に洗身をさせること。

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。