労働安全衛生規則 第633条~第634条

【労働安全衛生規則】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

このページでは労働安全衛生規則(安衛則) 第633条第634条 を掲載しています。

(令和3年4月1日施行)

第三編 衛生基準
第九章 救急用具

(救急用具)

第六百三十三条 事業者は、負傷者の手当に必要な救急用具及び材料を備え、その備付け場所及び使用方法を労働者に周知させなければならない。

 事業者は、前項の救急用具及び材料を常時清潔に保たなければならない。

(救急用具の内容)

第六百三十四条 事業者は、前条第一項の救急用具及び材料として、少なくとも、次の品目を備えなければならない。

 ほう帯材料、ピンセツト及び消毒薬

 高熱物体を取り扱う作業場その他火傷のおそれのある作業場については、火傷薬

 重傷者を生ずるおそれのある作業場については、止血帯、副木、担架等

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。