労働安全衛生規則 第61条

【労働安全衛生規則】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

このページでは労働安全衛生規則(安衛則)第61条を掲載しています。

(令和3年12月1日施行)

第一編 通則
第六章 健康の保持増進のための措置
第三節 病者の就業禁止

第六十一条 事業者は、次の各号のいずれかに該当する者については、その就業を禁止しなければならない。ただし、第一号に掲げる者について伝染予防の措置をした場合は、この限りでない。

 病毒伝ぱのおそれのある伝染性の疾病にかかつた者

 心臓、腎臓、肺等の疾病で労働のため病勢が著しく増悪するおそれのあるものにかかつた者

 前各号に準ずる疾病で厚生労働大臣が定めるものにかかつた者

 事業者は、前項の規定により、就業を禁止しようとするときは、あらかじめ、産業医その他専門の医師の意見をきかなければならない。

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。