1年単位の変形労働時間制に関する協定届(様式第4号)

法令名【労働基準法】
  • TL
  • シェア
  • ツイート
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

様式ダウンロード

※ボタンをクリックすると各形式のデータがダウンロードできます。

提出理由

1年単位の変形労働時間制を導入したとき

どこへ

所轄労働基準監督署

いつまで

協定期間開始前までに

添付・提示書類

・1年単位の変形労働時間協定書
・年間カレンダー

誰が

事業主

記載事例

㈱台場商会は、1年単位の変形労働時間制を導入したので、従業員代表の営業課の佐藤武と1年単位に関する協定を締結しました。
1日の所定労働時間:7時間45分
年間所定労働日数:260日
期間:平成○○年4月1日から翌年3月31日
特定期間の定めなし

ポイント

・制度を導入するためには、就業規則にその旨を定めないといけません。
・記載事例の対象期間中の1週間の平均労働時間計算式
* 7時間45分=7.75
260日×7.75÷(365日÷7日)= 38.64
小数点を分に転換すると0.64×60分=38.4 → 39分
よって38時間39分を記入

参照条文

労基法32条の4

電子申請システムリンク先

 1年単位の変形労働時間制に関する協定届

ステージ:

あわせて読みたい

ページトップ