くい打ち機クローラのシューに敷き鉄板が挟まり反転し、作業員が下敷きになった

【建設業】【はさまれ、巻き込まれ】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

労働災害事例シート

※ボタンをクリックするとPDFデータがダウンロードできます。

発生状況

 この災害は、高架橋新設、路盤新設および横断地下道路新設工事中に発生した。

 作業員3人は、5日後にくい打機を使用してのH鋼の打設・鋼矢板の圧入作業の準備として、くい打機本体をトレーラから降ろし、必要な部材および機材の荷降ろしを行った。また、地盤が軟弱であったため鉄板の敷き込みを実施した。

 くい打機を現場東側の空き地に移動するため、クローラを回転させたところ、クローラのシューの間に鉄板が挟まり、鉄板が反転し、重機周囲にいた作業員に激突した。

災害原因

① 地盤が…

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

起因物等:

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。