車輌搭載型クレーン(ユニック車など)が過荷重で転倒

【建設業】【転倒】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

災害事例シート

※ボタンをクリックするとPDFデータがダウンロードできます。

発生状況

 敷鉄板2枚(1枚で約1.6t)を小運搬する作業のため、道路上に4tユニック車をセットしようとしたが、道路標識が邪魔になったので、道路標識の手前にセットした。そのため前方吊りで揚重することになった。

 運転手が1枚目の敷鉄板を吊り上げ、地切りしたとき反対側のアウトリガーが一瞬、浮き上がった。いったん下ろし、浮いたアウトリガーを元に戻した。鉄板の泥落としを行うため近くにいた鳶工が「大丈夫か。危なかったらラフターで吊るぞ」と声をかけたが、運転手は「大丈夫」と返答し、再度、揚重し荷台へ積み込んだ。

 運転手がユニックで2枚目の鉄板を地切りし、ブームを縮めて旋回をしたところ、アウトリガーが内側に曲がり、鉄板が落下した。

 作業ヘの安全指示はあったが、作業半径や吊荷の荷重の記入はなかった。

発生原因

① 人的要因:定格総荷重を…

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

起因物等:

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。