洗浄機から漏えいした有機溶剤で中毒 冷却装置などの点検をしていなかった

【製造業】【有害物等との接触】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

労働災害事例シート

※ボタンをクリックするとPDFデータがダウンロードできます。

災害の発生状況

 この災害が発生した事業場は、回転砥石等の各種研削機を製造しています。回転砥石には、アルミニウムの基板に研磨剤を固定して製造するタイプがあり、災害は、その基板を加工・洗浄する工程で発生しました。

 洗浄機工程で用いられる洗浄機は、かごに入れた材料を、洗浄剤(トリクロロエタン)を用いて自動で洗浄するものです。

 この機械は洗浄槽・蒸気槽・冷却配管から成り、洗浄機内には約1000Lの洗浄剤が入ります。作業はA,B,Cの3人が1グループになって行いました。

 被災者Aはこの部屋でCNC旋盤を使用してアルミニウム素材の加工作業を行っていましたが、午後の作業に入ってしばらくして、周囲に有機溶剤のにおいが漂い出しました。周りを見回すと、においは洗浄機から流れてくるようでしたが、被災者Aはそのまま旋盤の操作をしていました。また、Bは他の用件があり、その作業場にはいませんでした。そのころ、洗浄機の担当者Cも洗浄剤のにおいが漏れ出したことに気付き、上司を通じて機械保全担当者に点検を依頼しました。その後、Cは付近の窓を開け、すぐに作業室から通路の向かいの扉のある室に避難しました。

 一方、有機溶剤の臭いがさらに強くなってきたと被災者Aが感じたとき、どこからか避難するよう注意する声が聞こえましたが、あたりを見回すと、BもCも見当たらなかったため、被災者AはCNC旋盤の操作のプログラムを行ってから避難しようと考えましたが、そのころから気分が悪くなってきました。

 CNC旋盤のプログラムをセットし、通路を約30m走って避難したところで具合が悪くなり座り込んでしまいました。被災者Aは2日間自宅で休養し職場に復帰しました。

災害の原因

(1)冷却配管系が…

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

起因物等:

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。