クレーンの荷が転倒、挟まれて死亡 玉掛け完了と錯覚し、吊り上げてしまう

【製造業】【崩壊、倒壊】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

労働災害事例シート

※ボタンをクリックするとPDFデータがダウンロードできます。

災害の発生状況

 鉄鋼工場で、薄板を切断するスリッター機を所定の位置に移動するため、天井クレーンで吊り上げようとしたところ機械が手前に倒れ、背部の棚との間に挟まれて死亡しました。

 被災者は、補助作業者が自分と反対側の2本の玉掛けを行った時点で4本の玉掛けが完了したと錯覚してクレーンを少し巻き上げようとしたが、そのまま大きく巻き上げてしまったため機械が手前に倒れたものです。

 被災者は当初、自分ひとりで玉掛けを行うつもりであったが、補助作業者が自発的に玉掛けを手伝ったため、手順を錯覚したものと思われます。

災害の主な原因

① 共同作業者と…

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

起因物等:

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。