山留材が落下して腕が下敷きになる

【建設業】【飛来、落下】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

労働災害事例シート

※ボタンをクリックするとPDFデータがダウンロードできます。

発生状況

 被災者(鳶工:職長)は7:00より朝礼を行い、3人で、Bl階の床板(ハーフPC)搬入、設置作業を行っていた。9:25頃、山留切梁火打ち直下に設置する床板を仮置き、玉掛けワイヤーを火打ち材の間に盛替えながら設置作業を行っていた。1度玉掛けワイヤーを盛替え、再度仮置きしようとした際、ハーフPCの掛りが基礎梁へと届かなかったため、ハーフPCを引き込もうとした際、山留火打ち材のたわみ防止のため設置されていた火打繋ぎ材(H-200/L=2.5M125kg)がワイヤーに押されて回転してはずれ、切梁上から落下(H=1.5M)し、下部にいた被災者の左上腕部に当たり橈骨を骨折した。

背景

① 作業手順書は…

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。