点検中、自動走行の台車に挟まれて死亡 作業者間の運転再開の連絡・確認が不良だった

【建設業】【はさまれ、巻き込まれ】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

災害事例シート

※ボタンをクリックするとPDFデータがダウンロードできます。

災害発生状況

 金属製品の製造工場で、端材回収用台車が自動走行するピット内で、電気工事を請け負った業者の職長が、工事終了後、部下の作業者に作業後片付けを指示して、自身はピット内に戻って工事後の確認をしていた際、職長がピット内に立ち入っていることを知らなかった作業者が、工場側に台車の走行再開を連絡したところ、職長が走行してきた台車とピットの枠との問に体を挟まれて死亡したものです。

災害の主な原因

① 職長がピット内に…

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

起因物等:

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。