卓上スライド丸ノコを使用中、切り離し材を取ろうとして、惰性で回転していた刃にふれて切傷した

【切れ・こすれ】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

災害事例シート

※ボタンをクリックするとPDFデータがダウンロードできます。

発生状況

 被災者は卓上スライド丸ノコで造作材を切断していた。操作していた右手をスイッチから離し、切断した部材をどかそうとした。しかし、部材を押さえることを優先して機械よりもかなり左の位置に体の中心があったため、右手を切断した部材に伸ばした時に手が刃に近づいてしまった。その時、惰性で回転していた刃にふれて巻き込まれ、手の甲を大きく切ってしまった。被災者は、安全カバーを固定して使っていた。

発生原因

① 人的要因:安全カバーを…

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

起因物等:

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。