自動車部品を製造中、自動プレス機械にはさまれる 点検作業者を確認しないまま起動スイッチを押してしまった

【製造業】【はさまれ、巻き込まれ】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

労働災害事例シート

※ボタンをクリックするとPDFデータがダウンロードできます。

災害発生状況

 災害の発生した事業場では、動力プレス機械を使用し、主に自動車の部品の製造を行っていた。災害発生前日、自動車部品の製造に使用していた200t油圧プレスの調子が悪くなったため、現場の担当者が保全係に点検を依頼した。

 災害当日、保全係員5人で点検を行ったところ、プレスから油漏れしていることが判明した。油漏れの箇所を発見するため、まず取り付けられていた金型を取り外し、スライドを下降させた。その後、スライドの上部、内部等を調べたが、油漏れの箇所が見つからないため、再度金型を取り付けて運転してみることとなった。

 作業者の1人がプレス機械を操作し、スライドを上昇させたところ、プレスの操作位置の反対側にいた被災者は、まだスライドに乗ってスライドの内部を見ていたため、フレームとスライドの間に胸をはさまれ…

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

起因物等:

あわせて読みたい

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。