燃料給油中に操作レバーに触れ、降りたバケットのアームに挟まれる

【はさまれ・巻き込まれ】
  • TL
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

災害事例シート

※ボタンをクリックするとPDFデータがダウンロードできます。

発生状況

 土工がミニバックホウの燃料給油作業を20リットルのポリタンクを使って行っていたところ、オペレーター(59歳)が手伝おうとして運転席から身を乗り出し、ポリタンクの筒先を支えようとしたとき、バケット換作レバーに体が触れたため、バケットアームが下がり、運転席の天蓋支柱とアームに挟まれ被災した。

 このミニバックホウにはもともと防護設備(隔壁板)が取り付けられていたが、壊れていたので、とりはずした状態であった。

発生原因

① 人的原因:バックホウのエンジンを…

この記事の全文は、安全スタッフの定期購読者様のみご覧いただけます。
▶定期購読のご案内はこちら

安全スタッフ電子版へログイン

安全スタッフ電子版は安全スタッフ購読者専用のサービスです。

詳しくは労働新聞・安全スタッフ電子版のご案内をご覧ください。

起因物等:

あわせて読みたい

ページトップ


ご利用いただけません。