職場のLGBT対応の実務

~差別防止・働きやすい職場づくりのために企業に求められる対策~

性の多様性に関する理解や、多様な性に対応した社会制度の整備がここ数年で進んできました。厚生労働省の審議会でもセクハラ指針の改正案が示され、「被害を受けた者の性的指向又は性自認にかかわらず、当該者に対する職場におけるセクシュアルハラスメントも、本指針の対象となる」を新たに明記することも今年の6月に決定しています。

一方、関連する訴訟などの動きも見られ、今後ますます働きやすい職場づくりにおいてLGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー)ら性的少数者に関する対応が企業に求められています。

では働きづらさや職場でのトラブルを防止するために、企業に求められる取り組みはどのようなことでしょうか。このたび労働分野も含んだマニュアルが刊行されました(「性自認および性的指向の困難解決に向けた支援マニュアルガイドライン」/(一社)社会的包摂サポートセンター刊)。指針や関係制度の整備、対応について職場の場面毎にまとめられています。

そこで今回は、マニュアルの監修にも携わりこの問題に詳しいLGBT 法連合会の神谷氏を講師にお招きして、差別防止・働きやすい職場づくりのために企業に求められる対策を具体的に解説していただきます。ぜひご利用ください。

【重要ポイント】
LGBTをめぐる環境変化、就労場面毎の考え方と対応策(社内制度・規則、ハラスメント防止、採用、人事、福利厚生 等)、事例の検討 等
※当日は上記にご紹介したマニュアルを配布予定です

注意事項等

※会場内での録音、配布した資料の複製・頒布は禁止させていただきます。
※参加費は、下記口座に開催日2日前までにお振込みください。お振込み手数料はお客様にてご負担ください。
※セミナー当日の現金でのお支払いはできません。ご了承ください。
※お振込み後のキャンセルは、開催日2日前までにご連絡ください。それ以降のご欠席の場合、関係資料をご送付し、受講料は申し受けます。

りそな銀行常盤台支店(店番号761)普通 4557077
口座名:株式会社労働新聞社
ふりがな:カ)ロウドウシンブンシャ

セミナープログラム

開催日時
2016年9月28日(水)15:00~17:00
会場

【飯田橋】(株)TKC東京本社 2階 研修室
東京都新宿区揚場町2-1 軽子坂MNビル2F

※東京メトロ有楽町線/東西線/南北線、都営地下鉄大江戸線「飯田橋駅(B4b出口)」よりすぐ
※JR飯田橋駅より徒歩5分

参加費用

「労働新聞」「安全スタッフ」「労経ファイル」読者様は、
通常12,960円(税抜12,000円)のところ、6,480円(税抜6,000円)となります。
(1名様についての料金です)

オンライン・オンデマンドセミナー受講の場合は、通常価格となりますので、ご注意ください。

定員
お問い合わせ先

労働新聞社(担当:伊藤)
〒173-0022
東京都板橋区仲町29番9号
【TEL】03-5926-6888
【FAX】03-3956-1611
【E-mail】seminar@rodo.co.jp

講師プロフィール

神谷 悠一 氏(LGBT 法連合会 事務局長)

性的指向および性自認等により困難を抱えている当事者等に対する法整備のための全国連合会(LGBT法連合会)事務局長。

一橋大学大学院社会学研究科修士課程修了(社会学)。
セクシュアルマイノリティと非当事者の関係構築に関する修士論文を執筆。

LGBTを支援するNPO等の役員を歴任し、2015年4月、全国60の当事者団体、支援団体、企業等で構成されるLGBT法連合会の事務局長に就任。

全国の当事者団体、研究者、弁護士等の意見をとりまとめ策定した、264項目(就労分野50項目含む)にのぼる「性的指向および性自認を理由とするわたしたちが社会で直面する困難のリスト」や「LGBT差別禁止法」の試案は、国政等における与野党の政策の、一つの参考にされている。

著書

「LGBT差別禁止の法制度ってなんだろう~地方自治体から始まる先進的取り組み~」(共著)

ページトップ