労働法の基礎と実務ポイント2024

  • list
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

~新しい!労働法学者と弁護士のコラボによる労働法入門セミナー~

 いまや企業において労働や雇用にまつわる問題は経営上のリスクの一つとして捉えられており、人事労務コンプライアンスの重要性が高まっています。
 人事労務のご担当者にとって労働分野の法的知識は欠かせませんが、おさえておくべき内容は多岐にわたり法律等の改正も多いため、まずは必要となる知識やルールを正しく学んでおくことが重要です。そしてそれらが企業の人事労務管理においてどのような意味を持ちどのように実務に影響しているかを理解しておくことも大変重要です。日頃の労務管理が適切に行われているかを確認したり、社会情勢や従業員の変化をふまえて必要に応じ労務管理の見直しを行うことも企業の人事労務担当者には常に求められています。
 このような観点から本セミナーでは、人事労務のご担当者に必須の労働法知識と実務上の留意点を、これだけは押さえておきたいというポイントにしぼりわかりやすく解説します。今回は講師2名による知識面と実務面のダブル解説形式をとり、知識やルールの解説に加えてそれらが実務にどう反映されるか、実務対応上の注意点やルールの活用のポイントまで実践的解説もいたします。
 初めて労働法にふれる新任者や経験の浅いご担当者には「労働法」の基礎を正確にマスターするため、すでに労働法の知識や業務経験がある場合にも「知識をどう活用するか」を学び一歩先の対応をするために、大変おすすめなセミナーです。
 講師2名(学者&弁護士)のコラボによる労働法入門セミナーは他に類がなく、重要ポイントについて講師2名のトークセッションを交えるなど、受講者の皆様がより興味深く学べる環境を実現した新しい取り組みです。
 ぜひこの機会にご受講ください。皆様からのお申込みをお待ちしております。

開催内容

1. 労働法の基本的な枠組み
1.労働法の役割と全体像
2.雇用関係法の二本柱:労働基準法・労働契約法
3.労働契約における重要な考え方
4.社内における重要なルール:就業規則
(コラボトーク「『労働条件の不利益変更』をどう考える?」)

2. 入社から退職までのルール
1.退職・解雇
2.人事・採用・休職
3.懲戒・ハラスメント
(コラボトーク「職場のハラスメント防止措置義務とは?」)

3. 労働条件に関するルール
1.労働時間
2.休暇・休業
3.賃金
4.安全衛生・労働災害
(コラボトーク「『労災認定』の正しい理解とは?」)

4.非正規雇用に関するルール
1.有期・パート・派遣の特徴と相違
2.有期雇用における解雇・雇止め、無期転換
3.いわゆる「同一労働同一賃金」(均等・均衡処遇)
(コラボトーク「『無期転換ルール』の意義、運用上の問題とは?」)

5. 労働組合に関するルール
1.労働組合法の特徴・団体交渉
2.団体行動・労働協約・不当労働行為
(コラボトーク「最近の労働組合をめぐる動き」)

6. 労働紛争の解決
1.紛争解決制度の概観~いろいろある紛争解決制度
2.紛争解決制度に関するポイント
(コラボトーク「紛争解決制度のリアル?!」)

7. おわりに ~最近の人事労務の潮流~
キーワード:フリーランスと労働者、副業・兼業

セミナーを終えるにあたって
受講者へのメッセージ、今後の学びへのアドバイス等

解説+トークセッションで基礎知識&活用ポイントを解説!

注意事項等

https://zoom.us/test
※参加費は、以下の口座にお早めにお振込みください。お振込み手数料はお客様にてご負担ください。
※お振込み後のキャンセルは、開催日2日前までにご連絡ください。それ以降のご欠席の場合、関係資料をご送付し、受講料は申し受けます。

りそな銀行常盤台支店(店番号761)普通 4557077
口座名:株式会社労働新聞社
ふりがな:カ)ロウドウシンブンシャ

セミナープログラム

開催日時
録画配信 2024年5月15日から8月30日まで(トータル約10時間のセミナーです)
会場

WEB配信となります。

参加費用

1アカウントあたり56,100円(税抜51,000円)

定員
お申込み
ページ下部の「お申込みフォームに進む」ボタンからお申込みください。
お問い合わせ先

労働新聞社(担当:伊藤)
〒173-0022
東京都板橋区仲町29番9号
【TEL】03-5926-6888
【FAX】03-3956-1611
【E-mail】seminar@rodo.co.jp

講師プロフィール

原 昌登 氏(成蹊大学 法学部 教授)

1976年 宮城県に生まれる。
1999年 東北大学法学部卒業。
東北大学助手、文部科学省内地研究員(受入先:東京大学)、成蹊大学法学部専任講師等を経て、現在、成蹊大学法学部教授。

企業や労働組合、一般を対象とした労働法に関する各種セミナーでの講師多数

著書

原 昌登『ゼロから学ぶ労働法』 産労総合研究所 出版部 経営書院・2022年
山川隆一編『プラクティス労働法(第3版)』信山社・2022年
原 昌登『コンパクト労働法(第2版)』新世社・2020年
野川忍・水町勇一郎編『実践・新しい雇用社会と法』有斐閣・2019年
水町勇一郎・緒方桂子編『事例演習労働法(第3版)』有斐閣・2017年 など。

町田 悠生子 氏(弁護士 五三・町田法律事務所)

2008年慶應義塾大学大学院法務研究科修了,2009年弁護士登録。
2012年五三(いつみ)・町田法律事務所開設。

第二東京弁護士会労働問題検討委員会副委員長。経営法曹会議会員。日本労働法学会会員。

経営者側労働法専門弁護士で,日々顧問先等からの様々な人事労務相談対応,労働審判・仮処分・労働訴訟の係争案件対応を行うとともに,複数社のヘルプライン窓口(内部通報窓口)となり相談(通報)があった際の対応・サポート業務を行っている。このほか,社内研修,行政や経営者団体主催セミナー等の講演にも登壇。

著書

主な著書として
『裁判例や通達から読み解くマタニティ・ハラスメント』(編著,労働開発研究会)
『フリーランスハンドブック~フリーランスをめぐる法律問題と実務<労働事件ハンドブックシリーズ> 』(全体編集・第20章第1節執筆,労働開発研究会)
『労働事件ハンドブック 改訂版』(執筆協力,労働開発研究会)
『働き方改革関連法 その他 重要改正のポイント<労働事件ハンドブック追補> 』(編集,労働開発研究会)
『労働事件ハンドブック<2018年> 』(共著,労働開発研究会)をはじめ
『Q&A 賃金トラブル予防・対応の実務と書式』(共編,新日本法規出版),『企業法務のための労働組合法25講』(共著,商事法務),『労働法務のチェックポイント (実務の技法シリーズ 7) 』(共著,弘文堂)など。

ページトップ
 

ご利用いただけない機能です


ご利用いただけません。