長澤運輸・ハマキョウレックス事件最高裁判決のポイントと実務対応(東京)

~労契法20条違反につき最高裁はどう判断したか?~

 労働契約法20条違反に基づく格差是正を求める裁判が全国各地で提起されていますが、現状、下級審の判断は分かれております。そのような中、定年後の再雇用者と正社員との賃金面での格差に関し高裁判断が分かれた「長澤運輸事件」「ハマキョウレックス事件」の最高裁判決が6月1日に下されます。最高裁の判断は、今後の労働実務だけでなく、現在法案が提出されている「同一労働同一賃金」の議論にも多大な影響を与えます。企業の実務担当者としては、正確な情報を入手し、対応を検討する必要があります。
 今回は、労働問題に詳しい第一芙蓉法律事務所の湊弁護士を講師にお迎えし、最高裁判決のポイントと同一労働同一賃金法案の内容、今後の実務対応について解説いただきます。
 皆様のお越しをお待ちしております。

定員に達したので、受付を終了しました。

【セミナー概要】

・労働契約法20条の内容
・長澤運輸事件、ハマキョウレックス事件の経緯、その他の下級審の状況
・最高裁判決の内容
・「同一労働同一賃金」法制の解説
・今後の実務対応

注意事項等

※会場内での録音、配布した資料の複製・頒布は禁止させていただきます。
※参加費は、下記口座に開催日2日前までにお振込みください。お振込み手数料はお客様にてご負担ください。
※セミナー当日の現金でのお支払いはできません。ご了承ください。
※お振込み後のキャンセルは、開催日2日前までにご連絡ください。それ以降のご欠席の場合、関係資料をご送付し、受講料は申し受けます。

お振込先(請求書を送付申し上げますので、以下の口座にお振込ください)
三井住友銀行 ときわ台支店(672)
普通 6765584
口座名義 株式会社 労働新聞社
カブシキガイシャロウドウシンブンシャ

セミナープログラム

開催日時
2018年8月1日(水)14:00~16:00(受付13:30~)
会場

(神保町)日本教育会館 7階 中会議室
※道案内専用電話 03-3230-2833
東京都千代田区一ツ橋2-6-2
※地下鉄都営新宿線・東京メトロ半蔵門線神保町駅(A1出口)下車徒歩3分
※地下鉄都営三田線神保町駅(A1出口)下車徒歩5分
※東京メトロ東西線竹橋駅(北の丸公園側出口)下車徒歩5分
※東京メトロ東西線九段下駅(6番出口)下車徒歩7分

参加費用

セミナー受講料 1名様3,500円(税込み)

定員

140名(定員になり次第、締め切らせていただきます)

お問い合わせ先

労働新聞社(担当:伊藤)
〒173-0022
東京都板橋区仲町29番9号
【TEL】03-3956-3151
【FAX】03-3956-1611
【E-mail】seminar@rodo.co.jp

講師プロフィール

湊 祐樹 氏(弁護士 第一芙蓉法律事務所)

2004年 慶應義塾大学法学部法律学科卒業
2006年 中央大学法科大学院修了
2008年 弁護士登録
第一東京弁護士会労働法制委員会委員
経営法曹会議会員

著書

「最新労働法予防の実務と書式」(新日本法規出版)
「企業実務に役立てる!最近の労働裁判例27」(労働調査会)
「決定版!問題社員対応マニュアル」(労働調査会)ほか

ページトップ