自然災害・新型コロナウイルス等の感染症発生時の労務管理と社内体制整備の実務対策(仙台会場)

  • TL
  • ツイート
  • シェア
  • クリップしました

    クリップを外しました

    これ以上クリップできません

    クリップ数が上限数の100に達しているため、クリップできませんでした。クリップ数を減らしてから再度クリップ願います。

    マイクリップ一覧へ

    申し訳ございません

    クリップの操作を受け付けることができませんでした。しばらく時間をおいてから再度お試し願います。

 最近、我が国では地震や大雨などの自然災害や新型コロナウイルスの流行が続いており、その中で発生する様々な労務問題への対応が急務となっております。自然災害発生時については事前の危機管理対策が必須ですし、新型コロナウイルスに関しては、感染防止のためのテレワークの実施など、「働き方」の見直しとそれに見合う実務対応が必須です。
 本セミナーでは、自然災害発生時の労務管理に精通した特定社会保険労務士の佐藤広一先生を講師にお招きし、緊急時に求められる人事労務管理について解説いただきます。
 皆様のご参加をお待ちしております。

※新型コロナウイルス感染防止に配慮し開催いたします。
※当日はマスクの着用、手指の消毒等にご協力ください。熱がある、咳が出るなど体調が優れない方は受講をおやめください。

※当日のセミナーを録画し、後日電子版サイトにアップいたします。

主要なテーマ

1.自然災害や感染症等発生時の労務管理
 1)自然災害や感染症等と労務管理
 2)自然災害や感染症等と労働時間
 3)自然災害や感染症等と年次有給休暇
 4)自然災害や感染症等と休業手当
 5)自然災害や感染症等と賃金
 6)自然災害や感染症等と安全配慮義務
 7)自然災害や感染症等と退職・解雇
 8)自然災害や感染症等と採用・内定
 9)自然災害や感染症等と労働者派遣

2.自然災害や感染症等に備えた社内体制の整備と労務管理上の留意点
 1)防災組織の編成と運営
 2)防災訓練の実施
 3)情報の収集と提供
 4)応急救護、初期消火、避難等
 5)災害予防対策
 6)防災・備蓄用品
 7)帰宅困難者への対応
 8)BCP(事業継続計画)とは
 9)リモートワーク(在宅勤務)の活用

3.自然災害や感染症等時における労働・社会保険の特例措置
 1)被災労働者の労災保険
 2)被災労働者の雇用保険
 3)被災労働者の健康保険

注意事項

※会場内での録音・録画、配布した資料の複製・頒布は禁止させていただきます。

セミナープログラム

開催日時
2020年10月20日(火)13:30~16:30(受付13:00~)
会場

TKP仙台南町通カンファレンスセンター 7階C
TEL:022-200-2617
仙台市青葉区中央3丁目6-10 仙台南町通ビル7F
※JR仙台駅西口から徒歩3分
※仙台市地下鉄南北線 仙台(地下鉄)駅 南1 徒歩1分

オンライン・ライブセミナーの受講申込はこちらからお願いします。

参加費用

「労働新聞」「安全スタッフ」「労経ファイル」読者様 1紙・誌につき2名様まで無料
読者の方で3名以上のご参加および一般の方は、1名につき16,500円(税込)です。

定員

40名(定員になり次第、締め切らせていただきます)

お申込み
下記フォーム、またはファックス(申込み用紙)にてお申込みください。
お問い合わせ先

労働新聞社(担当:伊藤)
〒173-0022
東京都板橋区仲町29番9号
【TEL】03-5926-6888
【FAX】03-3956-1611
【E-mail】seminar@rodo.co.jp

講師プロフィール

佐藤 広一 氏(特定社会保険労務士 HRプラス社会保険労務士法人代表社員)

2000年4月社会保険労務士登録(東京都社会保険労務士会)、さとう社会保険労務士事務所(現:HRプラス社会保険労務士法人)開設、2016年6月現法人に組織改編。経営法曹会議賛助。
人事労務相談、IPO・M&A時における労務DD・PMIなどコンサルティングを手掛けるほか、シンガポールに現地法人を設立しASEAN進出企業のサポートを行う。また、東証一部上場企業2社の取締役(監査等委員)、監査役を現任し、ボードメンバーとして人事労務コンプライアンスに寄与。SMBCコンサルティング、労務行政等でセミナー講師を務め、新聞・雑誌等への寄稿多数。

著書

「泣きたくないなら労働法」(光文社)
「図解でハッキリわかる労働時間、休日、休暇の実務」(日本実業出版社)
「自然災害時の労務管理の実務」(労務行政)
「M&Aと統合プロセス 人事労務ガイドブック」(労働新聞社)
など多数。

ページトップ