労働安全衛生の今日的意義(仙台)

 我が国で安全運動が始まって100年以上が経過していますが、この間に労働災害で亡くなった方は多く、戦後60年間だけでも25万人にも及ぶと推計されています。
 しかし最近では、労働災害の減少もあり、経済性や作業効率が最優先にされ、安全衛生活動がおざなりになっている職場も見受けられます。今一度「安全衛生とは何か?」を見つめ直す必要があるのではないでしょうか。
 本セミナーでは、長年にわたり安全衛生に関する講師を務め、安全衛生に造詣が深い末松氏(「安全スタッフ」で「想いはせれば」を連載中)を講師にお迎えし、「今なぜ」安全衛生が必要なのかについて講演いただきます。
 皆様のお越しをお待ちしております。

※当日の講演を録画し、後日読者専用サイト内で公開予定です。※

セミナー内容

1 今なぜ「安全衛生」か
 (1) 我が国の労働災害の実態(欧米との比較、ISO)
 (2) 福島原発事故に潜む「安全文化」の問題
 (3) 「災難」は後ろから突然やってくる(おんぶお化け)
 (4) 労働の質、労働者の質、職場環境の質

2 今なぜ 人間科学(ヒューマンエラー等)か
 (1) 労働災害の原因(物の不安全状態、人の不安全行動)
 (2) 人の不安全な行動に潜むもの
  ・人は間違う  ・人は忘れる  ・人は手抜きする  ・人は信用できない
 (3) 高齢社会と高齢労働者と安全衛生

3 今なぜ 適正なリスクアセスメントか
 (1) 変質してきた「リスクアセスメント」
 (2) リスクアセスメントとKYK
 (3) 危険性・有害性に対する感受性と危険性の想定

4 今なぜ 労働衛生管理が問題か
 (1) 心身のストレスとその影響の実態
 (2) 世界、欧米の実態と我が国の問題、産業医の実態
 (3) 有害作業 熱中症、腰痛、騒音、酸欠、CO中毒など

5 原点に還って「安全文化」(安全第一)の構築と実践

注意事項

※会場内での録音・録画、配布した資料の複製・頒布は禁止させていただきます。

セミナープログラム

開催日時
2017年10月17日(火)13:30~16:30(受付13:00~)
会場

ホテル白萩 2階 錦
TEL:022-265-3411
仙台市青葉区錦町2-2-19
※JR仙台駅から徒歩15分
※地下鉄勾当台公園駅から徒歩15分
※バス・花京院シルバーセンター前から徒歩3分

参加費用

「労働新聞」「安全スタッフ」「労経ファイル」読者様 1紙・誌につき2名様まで無料
読者の方で3名以上のご参加および一般の方は、1名につき16,200円(税込)です。

定員

70名(定員になり次第、締め切らせていただきます)

お問い合わせ先

労働新聞社(担当:伊藤)
〒173-0022
東京都板橋区仲町29番9号
【TEL】03-5926-6888
【FAX】03-3956-1611
【WEB】https://www.rodo.co.jp/
【E-mail】seminar@rodo.co.jp

講師プロフィール

末松 清志 氏(セフテイ レビュー 代表)

1936年生まれ、福岡県直方市出身、法政大学第2社会学部卒。旭電化工業㈱(現・㈱ADEKA)の環境・安全・衛生担当を経て㈱東京環境測定センターへ出向、平成7年9月定年退職。元中央労働災害防止協会東京安全衛生教育センター講師。
日本経営教育センター安全衛生専任講師。社会保険労務士。現在、セフテイレビュー代表として「月刊安全衛生シート」の著作・編集・発行を行う。
平成15年度「緑十字賞」受賞。

著書

「ことわざ・格言にならう安全衛生訓」(労働新聞社)
「安全衛生3分間スピーチ⑥」(中央労働災害防止協会)(共著)
「想いはせれば」(労働新聞社・安全スタッフ)連載中

ページトップ